鳥羽市と磯部町の境にある青峰山は志摩半島 ではもっとも高い海抜336bの山頂付近にあります。 十一面観世音菩薩を本尊とする正福寺には本堂に 聖天堂・大師堂・弁天堂・如意輪堂・鐘桜堂・医薬門・ 客殿・庫裏・大門などがあり、山間の多湿な環境が柱 を変質させ長い歴史を感じさせています。  青峰山は地元の海女さんや漁師にとっての守り神 として、また地元だけではなく、かつて青峰山に奉納され た絵馬の分布をみると愛知県・静岡県、遠くは九州に まで達していました。江戸時代から回船業者やその船 乗りが常夜灯や絵馬を奉納しました。

青峰山に至る道

松尾から相差に 向かう途中にこ の看板があります。 ここから3キロの 参道が続きます。